2016/07/24

DIY

21日に無事引っ越しも終わり、家具の配置と収納もすべて完了
今度のマンションは4階建ての3階

人生で2回目の駅南
考えてみれば引っ越しも実家を出てから6回目となり、慣れてきているとはいえそれなりに大変だったりします。

湯水のように出ていくお金をいかに抑えるかもそうだし、家賃の振替口座を新たに開設したり、移動手続きをしたり、ネットの設定をしたり、ご近所に挨拶したりといろいろ面倒なんであります。

で、新しい引っ越し先
そもそものきっかけは息子の転職
通勤時間が30分を超えると幸福度が下がるとか、渋滞やら満員電車の混雑など自分にはムリとか、ならば自転車でと言いたいところだが、およそ聞くはずもなく・・
まぁ環境を変えることで運気も変わるだろうし、もともとは母のために1階の閑静な場所ということで住み始めたところだったけれども、その母も亡くなったので、あっさり認めたのでした。

今度の場所は利便性がこれまでよりさらに良くなり、部屋は広く家賃は若干安く、風通しも間取りも申し分なかったのですが、唯一の弱点がキッチン周り
何て言うか設備もひと昔前のもので、西向きでしかも黄土色というか茶色な戸棚
調理器具を置くスペースもなくいかにもやる気の出ない色合いと仕様
これはいかん。何とかせねば。
今風のアイランドキッチン、とまでは言わないからせめてもう少しテンションの上がるつくりにしなくては。

で、Dr.コパさんがさかんに言う風水を取り入れ西に相性の良い黄色と白、金属を基調にということで見つけたのが白いテーブルのアウトレットのカウンターテーブル
窓際にレースと白めのカーテン
調理器具は全部ステンレスで統一し、タイルの上に引っ掛けて使えるようにフックを設置
戸棚は白い木目調の壁紙を張り、取っ手も白に取り換え

ヒロミのような本格的なカフェ風DIYには及ばないものの、そこそこの仕上がり
おぉ!だいぶ明るくなりました。
一気にテンションが上がり♪
落ち着けるカフェスペースが出来上がり、いちばんのお気に入りの場所になりました。


2016/03/27

藤子F不二雄ミュージアムと三鷹の森ジブリ美術館

春はルンルン♪バス旅行♪
行く先は藤子F不二雄ミュージアムと三鷹の森ジブリ美術館
個人で行くとなるとロッピーで予約したりといろいろ面倒なので、こんなときはバスツアー利用が便利です。

バスは順調に予定より早めに出発
富士川楽座で相方と合流
バスの中ではお弁当が出て、海老名SAで昼食ゲットの必要もなかったくらいお腹いっぱいに。
川崎で高速を降りて五反田川沿いの藤子F不二雄ミュージアムへ
2016_0327三鷹0046

2016_0327三鷹0001
2016_0327三鷹0018
2016_0327三鷹0017

中は撮影禁止 歴代の漫画の原画がビッシリ 解説は音声が耳元で聞こえるように各自に「おはなしデンワ」が渡されます。今度公開の映画がちょっぴり見られたり、「きれいなジャイアン」が見られたり楽しかった。

きれいなジャイアンの話は知らなかったけど、理由を聞いて納得 果たしてジャイアンはイケメンのままになってしまったのか?
駐車場はないので、通常だと路線バスでの移動になるようですが、路線バスはみなこんな感じになってます。
2016_0327三鷹0050
2016_0327三鷹0036

のんびりと2時間半を楽しんだ後は三鷹の森へ バスでの移動役1時間ちょいで井の頭公園に着きました。
美術館はこの広い園内の中にあるようです。
4時からの見学と決まってるので、早めに到着しても時間にならないと入れないようです。
2016_0327三鷹0059

おぉ!緑に覆われた丸っこい建物にはラピュタに出てた園丁が・・
2016_0327三鷹0063
2016_0327三鷹0084
中は感動の力作揃い、撮影禁止なのが非常に残念なのですが、とにかく迷路のようになった部屋のあちこちには、ジブリ作品への愛がいっぱい詰まっています。
原画の1部分だけの絵でも十分見ごたえがあり、どの作品のどこの部分というのがわかります。
また映画はこうやって作るという仕組みもわかるし、仕事場の雑然とした風景でさえ、お宝いっぱいでワクワクします。
ずっとこの世界に浸っていたい。そんな思いにさえなってしまいます。
で、滅びの呪文「バルス」も当然触っておきます。
2016_0327三鷹0087
カフェ麦わら帽子のソフトとホットドッグはお勧めです。
メニュー板も凝っています。
2016_0327三鷹0096
裏に回るとこっそりトトロが受付に
2016_0327三鷹0102
もう素敵すぎますね。
ジブリファンなら一度ならずとも何度でも行きたくなってしまうでしょう。
すっかり暗くなってバスは一路川崎から各停留所へ
帰宅は夜の10時過ぎでした。

2016/01/17

のようなもの のようなもの

ついにずう~っと待ち続けた映画「のようなもの」の続編「のようなもの のようなもの」を観てきました。
暮れのドラマ「赤めだか」に続いての落語ネタ

なにしろ前作は1981年というから35年も経ってるのだけど、あの映画は衝撃だった。
奇をてらうでもなく、感情をぶつけるでもなく、ただあの情景がみずみずしく切なく甘酸っぱく迫ってくる。
特にふたつ目のしん魚(とと)が落語を酷評されふられたあげく夜中に堀切から浅草までを道中づけしながら「しんととしんとと」と合いの手を入れながら歩くシーンは、今でもありあり思い出されてきます。

道中づけとは道々地名や看板など目に見える風景を説明しながら行く手法なんですが、まあ自転車日記なんかもにたようなものでしょうか。

特に夜明けの浅草の風景が美しく東京がステキな街に思えてしまいます。
まぁ、あの頃は自身の感性もまだ若かったということなのでしょう。
場末の劇場で見たつかこうへい作の「飛竜伝」にすら感激してたくらいですから。

でもとにかく嬉しかったのは、あのときの俳優さんがそのまんま同じ配役で出てたこと。
相変わらずの栃木弁丸出しの伊藤克信さんがしん魚で新しく弟弟子が松山ケンイチさんがしん田で
でんでんの気まずい雰囲気のときの長い沈黙の演技とか、ご高齢であるにもかからわず内海桂子師匠がちょうど良い間合いで客席から「寝てんじゃないよ!」と掛け声をかけてしん魚の背中を押すシーンとか・・
北川景子のおきゃんな下町娘も良いし、最後のしん魚の高座で演じた噺の中にも道中づけに似たシーンが出てきて、ここまできたらもう泣きそうになってしまいました。
他には尾藤イサオも前作から、今作では師匠となって主題歌も歌っています。

そういやぁ映画の中でおかみさんが「私は生で志ん生の‘火焔太鼓’を観たんだよ」と自慢してましたが
私も生で新宿で桂子師匠を観ましたよ。当時は内海好江さんもいて若くてきれいでしたね。
お亡くなりになってホントに残念です。桂子師匠にはその分もっともっと長生きして欲しいものです。

さて、その後はちょうどしん魚の創作落語「出目金」ではありませんが、ドリプラではタイムリーなことに、金魚のアクアリウム展覧会をやってまして、それも見てきました。

その後はさらに久能山東照宮まで行ってお参り
久能街道を過ぎますと、市街地から約5km大浜街道に進路をとります。
以前はあったユニクロの建物がABCとかいう靴屋さんになり、マキヤはエスポットに変わりました。
大浜街道からなおも国道1号線を横切りますと、駒形通りには昔懐かしい銭湯があり、新通り、本通りと抜けますと、番町通りに入ります。・・・
自転車での道中づけとはこんなもんでしょうか おそまつ
2016_0117志ん魚0004
2016_0117志ん魚0024
2016_0117志ん魚0021

2016_0117志ん魚0042
2016_0117志ん魚0050
2016_0117志ん魚0034


2016/01/11

三島すかいうぉ~く

ずっと晴天が続いているお正月
暮れより引き続きで、毎週整体へ。
だいぶ肩のコリがとれたと安心してたら、正月太りと仕事の激務でまたもやモッサリ状態に

久しぶりに整体行って、体も整ったところで、本日は午後からのんびり三島スカイウォークへ
三島からしばらく箱根路をいけばかなりの渋滞。
たぶん自転車でも同じくらいのスピードなんだろうなぁと思いつつ、この渋滞の脇を上ってったら
「頑張ってくださ~い」とか声掛けられちゃうんだろうねぇ・・
かなり恥ずかしいよね・・とか相方としゃべりつつ現地到着

吊り橋は想像どおりの大きさと混雑ぶりと景色
富士山はもちろん駿河湾、大瀬崎あたりがよく見えます。
位置的には御前崎まで見えるようですが、薄すぎて確認できず
2016_0110吊り橋へ0012

2016_0110吊り橋へ0041

日が落ちかかる1時間前 逆行のシルエットもなかなか
2016_0110吊り橋へ0043

いくらか揺れて体が左右のどちらかに振られますが、塩郷の吊り橋に比べれば全然怖くない
やはりこれだけ巨大になればこそ
当社は500円の予定だったようですが、総工費が回収できないという理由で1,000円になったようです。
ならばもう少し遊歩道とかアスレチックとかいろんなお店があればもっと楽しめると思います。

往復して戻ったところでスカイガーデンへ
花鳥園のような吊り花のある施設におみやげやさんが入っています。
2016_0110吊り橋へ0053

日も暮れたところで帰りは夜景を見ながら沼津へ
カキ小屋で 牡蠣の釜飯 
2016_0110吊り橋へ0069
2016_0110吊り橋へ0070
2015/12/14

オーバーホール月間

オーバーホールと言っても自転車でなくからだのメンテのこと。

○ごとのズン飯尾さんがやってるぺこり~ののコーナーで紹介されてた、西焼津駅南口すぐにある
「ももたろう」さんへ。
整体は始めてですが興味津々で早速予約。
西焼津も大崩の150号が相変わらず通行できないので。自転車で宇津ノ谷から岡部、藤枝市R30から西焼津へ。

先生は頭ツルツルですが優しそうな静岡弁のオネエな喋りの方
最初に気になる症状なんかを記入して、ほぐしていきますが、手が温かい
で、そんなに痛くない~ 
30分程度で姿勢がよくなり、その晩はグッスリ、お通じもバッチリ

今日は2回目
相方とショッピングの約束もあったのですが、あいにくの雨
そこで相方が送ってくれることになりました。

10時予約の5分前に到着
今日は足のむくみを取って、小顔のマッサージをするそうな。
このまえのほぐしと違って、今日はセルライトをつぶす整体もしたのでかなり痛いです。
「自転車いつも乗ってるの? 太ももの筋肉が40代!硬いわぁ~」だって・・
嬉しくないよぉ(TT)

とにかく水をたくさん飲んで老廃物を流しなさいだって。
年末、年始も営業してるそうで、予約いっぱいなんだとか。
ということで、目の手術に続きしばらくは毎週整体に通うことになります。

猫背が直って胸の位置が高くなり、なんと若いときからのなで肩がなくなった!!
顔は左右対称に近づいて、目もいくらか良くなりました。
体調整ったのは良いけど食欲は相変わらず。
甘いものがやめられれば良いのですが、なかなか・・