2016/08/20

北橘温泉~利根川サイクリングロード~長瀞へ

2日目は予報どおり雨
しかし昨日の反省から、カッパは異常な暑さになってしまうためかえって危険と判断して、濡れても良いように、上着は相方は黒のスケTシャツ
私はタンクトップ、短パン、サンダルスタイル 
怪しい二人組は雨の中、どんどこ利根川サイクリングロードを進むのであった。

真空パックした荷物にジップロックと二重の構えで雨対策をしてるにもかかわらず、相方はさらにこういうときのために防水カメラも欲しい、とさっきからブツブツ言っております。保険かけすぎなんじゃい。
私なぞリュックの防水はもはやあきらめ、ゴミ袋にとりあえず押し込んだ着替えをそのまんま放り込んだだけ。
何、この違い
しかし、相方のこの用心深さのおかげで今回は18きっぷは専用ジップロックにおさまり、ハンコが雨でにじむ、なんて無様なことにならずに済んだのでした。

しかし群馬は自転車にはとても優しいですね。
利根川サイクリングロードの整備状況を見ても素晴らしいの一言に尽きます。
ミストシャワーのような雨が逆に心地よいと感じるくらいの快適さです。
IMG_3348.jpg
前橋では群馬総社に立ち寄ります。
なぜか群馬総社駅ではなく、かなり離れた場所

前橋を過ぎ本庄あたりになってくると、サイクリングロードにも草が生えたり切れ目や段差があったり状況が少しずつ変わってきます。
「歩道に草が生えてたら田舎」相方がウマいこと言いますね。静岡もたぶんこっちかな・・

関東一という意味なのか、坂東大橋まで何キロという目印を頼りにして、とうとう橋までやってきました。
ここから橋を渡って、埼玉はいよいよ秩父方面に向かいます。
IMG_3352.jpg

寄居まで予想外にも広い道が続きます。交通量も多くとてもあの峡谷へ向かうとは想像もできません。
さっきからだいぶ濡れたのでコンビニで休憩はさみながら態勢をととのえることにします。
上はともかく下着が濡れるのは気持ち悪いのでカッパのズボンだけ穿きます。
そのころ雨雲レーダーで1時間に80mmとかいう雨雲に長瀞付近がすっぽり覆われることが判明
ヒエェェ~!どうするべ と言ってもどうすることもできないので予定通り進むしかないのであった。

しかし幸いにもそれほどひどいことにもならず、コンビニで大雨をやりすごした後は、寄居から再び順調に長瀞までの道をじくじくと進んでいきます。

ただどうしても秩父へ向かうトラックが多い140号は路肩も狭く危険なので、途中から対岸の82号を使って遡上していきます。
こちらは交通量も比較的少なく、思ったよりオシャレで桜並木などもあったりして、のんびり走れます。

昼過ぎ長瀞到着
まずはTVですっかり有名になった天然かき氷 阿左美冷蔵のカキ氷に並ばないと。
息子からさんざん混むときは2時間待ちとか冬の人気のない時期でも30分待ちとか聞かされてたので、旅館に着くまでの午後いっぱいはカキ氷に並ぶ覚悟でいたのです。

別に本店でなくてもいいのですが・・
着いたのは阿左美冷蔵宝登山店
雨のせいか、5分ほど並んだだけですぐに入れました。

本店とメニューが少し違うようですが、私は乙女のイチゴミルク 相方は黒蜜、きな粉、抹茶の三種を注文
シロップは果実がお勧めです。上品でしつこくない甘さでしっかり果実の美味しさがついていて、おもわず
「美味しい~~」と誰もが口にします。
IMG_3357.jpg

ついでに宝登山神社もお参り

旅館はこの辺りでは一番豪華と思われる「長生館」へ
お値段も普段われわれが使う平均の2倍なら、設備も食事もロケーションも過去最高グレード
IMG_3361.jpg
こんなところに来たのに、部屋に入るなりリュックの泥を落としたり、洗濯したり、本来なら前の畳岩を眺めるためにしつらえた縁台のあるベランダは早速物干し台として使用してしまう貧乏くささ
こんなことやってるのウチらだけだよね、たぶん・・・

とはいえ、早めに旅館に入ったおかげですぐに汗を流すことができ、その後の大雨を逃れることができて運は良かったかも。
カヌーのゴムボートに乗ってワーキャーしてる学生たちを見たり、渓流下りの船を眺めたり
IMG_3369.jpg

夕飯は離れにある雰囲気のある個室でゆったりと川魚料理を堪能
鯉のあらいや、鮎の塩焼き、牡丹鍋などを美味しくいただきました。
IMG_3372.jpg
IMG_3374.jpg
IMG_3386.jpg


明日の朝は、歩いて畳岩や赤壁など散策する予定
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント