2016/03/27

藤子F不二雄ミュージアムと三鷹の森ジブリ美術館

春はルンルン♪バス旅行♪
行く先は藤子F不二雄ミュージアムと三鷹の森ジブリ美術館
個人で行くとなるとロッピーで予約したりといろいろ面倒なので、こんなときはバスツアー利用が便利です。

バスは順調に予定より早めに出発
富士川楽座で相方と合流
バスの中ではお弁当が出て、海老名SAで昼食ゲットの必要もなかったくらいお腹いっぱいに。
川崎で高速を降りて五反田川沿いの藤子F不二雄ミュージアムへ
2016_0327三鷹0046

2016_0327三鷹0001
2016_0327三鷹0018
2016_0327三鷹0017

中は撮影禁止 歴代の漫画の原画がビッシリ 解説は音声が耳元で聞こえるように各自に「おはなしデンワ」が渡されます。今度公開の映画がちょっぴり見られたり、「きれいなジャイアン」が見られたり楽しかった。

きれいなジャイアンの話は知らなかったけど、理由を聞いて納得 果たしてジャイアンはイケメンのままになってしまったのか?
駐車場はないので、通常だと路線バスでの移動になるようですが、路線バスはみなこんな感じになってます。
2016_0327三鷹0050
2016_0327三鷹0036

のんびりと2時間半を楽しんだ後は三鷹の森へ バスでの移動役1時間ちょいで井の頭公園に着きました。
美術館はこの広い園内の中にあるようです。
4時からの見学と決まってるので、早めに到着しても時間にならないと入れないようです。
2016_0327三鷹0059

おぉ!緑に覆われた丸っこい建物にはラピュタに出てた園丁が・・
2016_0327三鷹0063
2016_0327三鷹0084
中は感動の力作揃い、撮影禁止なのが非常に残念なのですが、とにかく迷路のようになった部屋のあちこちには、ジブリ作品への愛がいっぱい詰まっています。
原画の1部分だけの絵でも十分見ごたえがあり、どの作品のどこの部分というのがわかります。
また映画はこうやって作るという仕組みもわかるし、仕事場の雑然とした風景でさえ、お宝いっぱいでワクワクします。
ずっとこの世界に浸っていたい。そんな思いにさえなってしまいます。
で、滅びの呪文「バルス」も当然触っておきます。
2016_0327三鷹0087
カフェ麦わら帽子のソフトとホットドッグはお勧めです。
メニュー板も凝っています。
2016_0327三鷹0096
裏に回るとこっそりトトロが受付に
2016_0327三鷹0102
もう素敵すぎますね。
ジブリファンなら一度ならずとも何度でも行きたくなってしまうでしょう。
すっかり暗くなってバスは一路川崎から各停留所へ
帰宅は夜の10時過ぎでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント