2013/02/12

ひな~ずファミリーインHAWAII


4泊6日でファミリーでハワイのオアフ島に行って来ました。
日程は次のとおり
大雪が心配された2月6日 無事に21時成田出発。
5時間半ほどでハワイ到着。ろくに寝られないまますでに現地では6日朝の8時過ぎ
日差しがまぶしすぎる~
<ロイヤルハワイアンセンター>
トロリー発着所ですナ。我々は3FのHISにて無料ドリンクをいただきながらまったり
waikiki ハワイアンセンター
<トロリーはこんな感じ>
トロリーバス


寒く暗い2月からいきなり5月に放り出されたようだ。
まずはパンケーキで昼食、その後市内観光へ
夜はオンザビーチのホテルからワイキキビーチの夜を堪能。グッタリでその晩は爆睡
<ワイキキビーチの夜>
サンセットビーチ


2日目はオアフ島東側のカイルアタウンへ
<途中 ハナウマ湾をまわりマカプウ 潮吹き穴>
潮吹き穴

ビーチが美しいとのことだったが、歩きで往復1時間以上はかかるため、たどり着けず。
ただラニカイジュースを堪能できたので大満足
<ラニカイジュースの店内>
ラニカイジュース店内

夜はタンタラスの夜景ツアー。途中でヨットハーバーのサンセットを見ながらのホテルバイキング
ポキ(まぐろ)とか生牡蠣、フルーツが美味しい。
<サンセットハーバー>
サンセットハーバー


3日目
ノースショアまで。朝食にマラサダ。揚げパンみたいな感じなのだけど中がふわっふわっで美味しい。
ドールプランテーション、旧き良きハワイの名残のある街ハレイワタウン、冬のビッグウェーブ、海がめの来るタートルベイ、東海岸を回ってマカデミアナッツファーム、山越えルートでワイキキに戻る7時間のコース
<ノースショア>プロのサーファーによる大会なども行われていました。
ノースショア2
ノースショア
<ハレイワタウン>
ハッピーハレイワ
ハレイワ


昼食がノースショアで有名なガーリックシュリンプ ここで笑っちゃうやりとりがいろいろありまして・・それは後日
<シュリンプワゴンとガーリックシュリンプのプレート>
シュリンプワゴン
ガーリックシュリンプ

<タートルベイ>
海がめビーチ

この旅行でのいちばんのハイライトがここでした。夕方はアラモアナまで買い物 7時半よりワイキキビーチで花火
毎週金曜の夜は花火を打ち上げるらしい。
<花火打ち上げ前のビーチ>
サンセットビーチ2


4日目
最終日はホエールウォッチング 
<出航>
船から
<船から見たダイヤモンドヘッド>
海から見たダイヤモンドヘッド
<船内>
ホエールウィッチング船内


まさか見られないと思ったザトウクジラの潮吹きや尾びれが見えました。
場所はダイヤモンドヘッドの沖合い1,2kmの地点。意外と近い場所にいるもんです。
戻ってから、トロリーバスでダイヤモンドヘッドを1周。その後は西側へ。ダウンタウン、チャイナタウン、ヒロハッティなどを見て、アラモアナで食事

5日目
朝から帰国の準備
8時ホテルでチェックアウト後、11時半ホノルルを出航
帰りは8時間程かかって、帰国は11日の15時40分
息子と成田から車で帰宅。夜8時半自宅へ。時間ではちょうど良い時間帯なのだけど、ハワイ時間で計算すると夜中12時過ぎになってるワケでもうネムネム状態。明日の仕事大丈夫だろうか・・・な気分でおみやの整理もそこそこに就寝

ざっくりとオアフ島は・・・・こんな感じでしたぁ

☆ハワイの気候
常夏なのだけど、私たちが行った2月は雨季で東京より降水量は多い
傘をさす習慣がないとのことだったので念のため折り畳み傘を持って行った。
何度か雨に降られるも、土砂降りとかゲリラ豪雨といった雨ではなく、さらさら降ってはすぐに止むといった感じ。 気温は26度前後といったところで非常にさわやか。
貿易風が吹いて、海上は肌寒いくらいだが、地上では気持ちよいくらい。
明け方は朝7時近くなってからやっと日が昇るが、夜は逆に7時くらいまで明るいので日没まで存分に楽しめる。

あまりの明るさとどこまでも青い海、美しすぎるサンセットビーチ、星空で夢のようだった。

☆ハワイは年がら年中、まるで島全体がアミューズメントパークみたいだ
気候もそうだし、椰子の木、ハイビスカス、ブーゲンビリアなどの色とりどりの花が咲き乱れ、海の色は写真で見るとおりのエメラルドグリーン。赤い大地と、むき出しの岩肌の色など自然物から人工物に至るまで、整合性があり美しい。
夜はあちこちで松明が焚かれ、ネオンはオレンジ一色と決まっている。強いLEDの白色色やカラフルな青や赤などは存在しないため、宝石箱をひっくり返したような、という表現はふさわしくない。夜景にもどこか暖かみがある。
また毎週金曜日はワイキキビーチでハワイ大学の学生による花火がとり行われる。
かなり本格的な花火で、仕掛けもバッチリ。
費用はどうやら観光客による募金でまかなわれているらしいが、レイが15$もするとあって、慌ててお断りした。
オンザビーチのホテルではムードいっぱいのハワイアンの音楽、ポリネシアンショーなどが行われる。


☆この木なんの木
モンキーポッドと呼ばれる、アメリカねむの木
モンキーポッド

太陽に向かって葉っぱを広げるため、下は大きな日陰となる。
そらまめのような実がなっていた。紫の花が咲くらしい。
<モンキーポッドのそらまめのような実>
そらまめ

実は、モアナルアガーデンには何本か植えられていて、この木なんの木はそのうちの樹齢130年とか言うもの。公園内だけでなく、わりとあちこちで見かけた。

☆ハワイはオバマ色が強い
オバマ大統領が育った街はダウンタウンやモアナルアに割と近い街だった。
ハイスクールもその地域にある。
印象としては中流家庭の子息が通う健全なハイスクールと言った印象ハワイ大学もその近く
正月はカイルアでバカンスを過ごすらしい。
その時期はかなり厳戒態勢だったらしいので、外れてて良かった

☆ドールプランテーション
ハワイの地は火山でできているため、赤土がほとんど。
赤土に適した植物がパイナップルという事で栽培を始めたらしいが、パイナップルは収穫までに2年を要することと、ひとつひとつ手作業で植えなくてはならないため、安定的に収穫を得るためには広大な土地が必要とのこと。


☆ラニ(天国の)カイ(海)
カイルアタウンの中にあるラニカイジュースが最高!♪
とにかく生ジュースの味が濃い。
日本のように水っぽくなく、豆乳やプロテインなどを混ぜたジュースなどもあり、どれもこれも非常に美味しい

☆ショッピング&フード
アラモアナショッピングセンターが人気
香港とイオンモール、三井アウトレットパークが合体したような感じ
1階にあるフードコートはとにかく広く、多国籍 メキシコからイタリアン、中華、おはぎなんかも食べられる。
 
なかなか行けない西端にあるヒロハッティ
最近、とんねるずが撮影に行ったらしい。ギネス認定の世界一大きいアロハシャツがある。
ハワイの物産土産があれこれある店だが、あまり大きくはない。
<ヒロハッティにある世界一大きなアロハシャツ>
ビッグアロハ


ABCストアー
日常の買出しはほぼここで済ます
アロハシャツから土産、飲み物や生鮮食品以外の食品、化粧品まで揃うハワイのコンビニといったところ
自動ドアなどはなく表からも売ってるものが良く見える。店により多少扱っている物に違いがある。日本製のパンやお菓子は日本のほぼ3倍。マフィンの方が安い。
例えばカルピスウォーターのペットボトルなどは400円近くするが、現地の100%生ジュースなどは200円弱ぐらいでかなり濃厚なうえ美味しい。
食パンは高いが、逆にパンケーキなら同じお値段でお腹いっぱい食べられるといった具合
パンケーキは小麦粉がふわっふわっで軽いため、ホットケーキのようにずっしりくる感じはなく、大きくても意外とあっさり食べられる。
意外なところで、グレープトマト(ラグビーボール型のミニトマト)なんかは日本製のミニトマトのように水っぽくなく、やはり味が濃厚で美味しい。
朝食はほぼ毎日、ここで買い出したマフィンとトマトだった。


スーパー
大型店の生鮮食品、弁当などは量も大きさも値段も日本のほぼ1.5倍
野菜


食事はロコモコなどに代表されるように、ごはん、サラダ、肉や目玉焼きのようなたんぱく質の3点セット盛り合わせが多い。
イートインスペースなどがあるタイプもあり、スープなども飲める。
 

なんだかんだで結局自転車には乗れなかったのだけど、駐輪場はこんな感じ。分かりやすい
駐輪




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

羨ましいですね、常夏のハワイ。

画像アップを楽しみに待ってます。

Mさん

写真はかなり撮りましたが、整理が大変で(^^;
全部載せきれないのが残念です。

半分は失敗です。