2011/11/11

声が出ない

月曜日の午後から突然声が出なくなり・・・
それでもだましだまし電話してたのだけど、ついに何を言ってるのか分からなくなりました。

それでもまだ体調は良かったので、オカマの声だのスリムクラブだのとふざけてました。

その夜も息子がスノボのウエアを新調したいのだが上が黒ならズボンは何色が良いと思う?という会話から始まり・・

私「上が黒で下がカーキならマフラーはレンガ色とかじゃないの?」

息子「いや、下のカーキはもう古いからズボンも新調するとして何色がいいと思う?」



私 超めんどくさそうに「え~??蛍光ピンクにでもしとけば?」

息子 (まんざらでもなさそうに)「そっかぁ じゃぁスカーフはがいいか。」



私 改めて我にかえり「目立ちたいのか?」
息子「いや、目立ちたくはないが人とかぶるのはいやだ。ありきたりな感じはいやなんだよね。大勢の中で溶け込んでしまうようなモノはいやだ。蛍光色はイイと思う。だけど上が蛍光色で下が黒はわりにあるパターンだからオレは逆を狙う

私「へー いっそチェッカーとか市松模様とかは?そんなの売ってるかどうか知らんけど」

息子(嬉しそうに)「あるある。だけど早くしないと売れちゃうんだよナ

私「いやいや オマエさんの好みはどう考えても売れセンじゃないから急がなくてもだいじょぶだ」

息子「いや、サイズがなくなるから」

私「いやいや、それもオマエさんのサイズはどう考えても普通より小さめだから売れセンじゃないからだいじょぶだ」

息子「そうなんだけど、オレのサイズはXSでいちばん小さいから、Fサイズが20個あるとすると、XSは5個しか作ってない可能性もある。」

めんどくせぇ小僧だな。
ってか、それだとそもそも最初から見つからないんじゃないのか?

*************************************************************************

翌日、声はますます出なくなり、当然会社は休むことに・・

有休取りますと会社に電話したら理由を言うまでもなく、声を聞いただけで
「はいはい、お大事にしてください。」

その日は1日大人しく寝てるも体調変わらず

2日目の夜は同僚さんが心配して電話くれる。

そして3日、4日と・・・

今日は辞める人を囲んでランチの予約がしてあったので、行くつもりでいたのだが家を出た途端フラつき悪寒でとてもムリと判断



医者に行きました。
喉をひと目見るなり「真っ赤っかやな」

抗生物質の点滴やらウガイ薬、飲み薬、トローチまでもらって帰りました。

こんなに病気で休んだのは初めてです。
この程度のことで。
風邪でもどんどん咳だの痰が排出されてすぐに治ったのに、今回はずっとぐずぐず・・



結局 葛根湯もシナモンも一時的に治っただけだったのでしょうか。
なんだかワケが分かりません。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント