2011/10/02

精進湖 赤池 探検ポタ

7年ぶりに赤池が現れたということで、ヤジ馬よろしく我々も見に行きます。

富士川で相方と待ち合わせ
車で西湖の駐車場まで
気温は13度しかありません。
ヒートテックを着てきて正解でした。
先に出発したタンデムのふたり
2011_1002幻の0001

曇天の中、自転車で139号まで上り基調で
橋の上には人や車がいっぱいです。
2011_1002幻の0002


六個目の湖ということですが池にしか見えません。
橋の上から見下ろしたところ
2011_1002幻の0006

そこからさらに精進湖まで

精進湖を一周します。
ここは初めて
前に来たときは、車の駐車スペースが十分あるくらいの場所があったのに増水したせいか以前と全く様相が違います。
信号から見える部分だけの小さな湖かと思ったら、意外にも奥が広いです。
増水で余計に湖を広く見せています。
甲府方面に向かう車で交通量が結構ありますが、面白い場所です。

キャンプ場の方は比較的空いています。
個人で来るには穴場かもしれません。
日帰りの入浴場もありました。

一周して元の場所に戻るかと思いきや139号に合流しました。
ここからTVでやっていた青木ケ原樹海の中にある精進湖民宿村に潜入
精進湖周辺から移住してきた住宅街ということですが、中には小学校もありました。
こどもたちは登校してるのでしょうか。
それにしては校舎がだいぶ傷んでいます。
2011_1002幻の0009


樹海の中に道路が作られ、普通の住宅街になっています。
何世帯ぐらいあるのでしょう。
結構広いです。


再び西湖に戻りますが、さらに先のコウモリ穴に続く信号から入ります。
長い長い下り
コウモリ穴の売店に大きな大きな松ぼっくりの詰め合わせを売ってるのですが、今日はありませんでした。
家には去年の松ぼっくりを飾ってあります。

デポ地に戻ると晴れて少しずつ暖かくなってきました。
河口湖に移動して、お馴染み「不動」でほうとうを食べます。
こちらはところどころ紅葉してるものの、空はまだ夏のようです。

おなかいっぱいになったところで、少し早めに戻りますが、今日はもうひとつの目的を果たさねば。
「富士山が源流の川から石を持ってくる。」です。
どういうことかというと、この石が守り石になるかもしれない、ということなのだけど・・

そもそも富士川が源流の川ってあったっけ?
富士川は甲府、笛吹川からつながっていると言うし・・
どうやら相方の説明によれば、それは潤井川ではないか、と。
大沢崩れが潤井川になってるからということなのだそうな。

ほ~
ところで、源流はどの辺りなのでしょう。
ナビで辿ってみると、富士宮上井出の辺りのようです。
公園のように整備されていて、川にはほとんど水がありません。
コンクリートの段差で固められていたため、石はここでは拾えませんでした。
あきらめて、登山の代わりのお祈りだけしておきました。

10月に入って今のところ静かですが、間もなくまた何か起こるかもしれません。
湧き水といい、あちこちでまだ天変地異が続いていますし・・
心配してもどうにもならないので、淡々と過ごしていく他ありませんが。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

赤池

今日、橋の上から見ました。
ほんと、ただの池ですね。
まぁ、10年に一度位しか出現しないらしいので、貴重な物です。

MさんがMTB部会の案内をされてたので、当然行かれたと思いました。
ホントにただの池みたいですよね。

まだ水が引いてないようですが、いつ頃まで見られるのでしょう。