2011/03/14

こんな状況なので・・

週末はずっとまんじりともせずテレビにかじりついてました。

都内にいる娘と連絡が取れたのは土曜の昼になってから。
御茶ノ水から自宅(足立区)まで4時間歩いてようやく着いたようです。

会社のモノは散乱し、パソコンは動いていたけど電話もつながらずガスは止まり、向かいのビルは火事で当然仕事にならず、TVをみて状況を確認してたようです。
で、電車が全く機能してない、タクシーはいつ来るか分からないということで、亀有方面の同僚さんと一緒に歩いて帰ったとか。
途中コンビニで地図を買って、とりあえず日光街道を延々歩いて到着したらしい。
コンビニにはすでに物はなく、埼玉方面の人は自転車を買って帰るつもりなのか、自転車やはすごい混雑だったらしいです。

いまだに余震が続いてるようです。

それにしても、誰ひとり文句を言わず粛々と並ぶ、歩く、助け合っている姿を見ると日本人てすごいなぁと改めて感じますね。
他の国ならとっくに暴動が起きたり、ひどい状態になってるでしょうに。

******************************************************************

本日は普通に出勤
さすがに電話案内は控えましょう、ということで午前中は研修

1週間休みにしては?とかお客さんとの約束があるので電話する、という人とさまざま。

結果 午後は通常どおり営業
わずか2時間ほどの間に実家が福島で・・とか気仙沼に知り合いがいて・・というお客さんにあたり、お見舞いを言うのが精一杯でした。

TVで富士市の計画停電の様子をうつしていました。
こちらもお互いに道をゆずりあい、安全に気をつけながら運転してる様子でした。


ヒキタさんのメルマガが2通来てます。
この状況を受け入れよう。被災地に譲ろう。この際自転車通勤にかえようという人も状況に応じて車道を走ろうが歩道を走ろうがかまわない、ただし左側通行は守ろうぜ。せめて都心で救急車の手をわずらわせることのないように注意しようぜ、与党も野党も、地方も都会もない。みんなで助け合おう。頑張ろうというものでした。

同感です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント