2010/08/01

小豆島2日目

期待した夜の炭火焼きバイキングがイマイチだったため、朝もあんまり期待しないでおこう、と思ってたら、意外にも(期待しない分?)まあまあだったので、まずはホッ
それにしても最近バイキングとかぜんぜんダメですぐにお腹いっぱいになってしまいます。

その分お風呂は広くて最高でした。
やっぱりロケーションが海というのが開放感いっぱいでいいです。
広い窓に、化粧ブースの鏡も大きくてさながら美容院のよう。
とにかく関西、北陸圏は温泉旅館でなくともお風呂は立派です。

露天風呂にいた先客ふたりが関西弁で喋っていました。
その中に混ぜてもらって、聞いた情報では、マルキン醤油の見学では醤油をおみやにもらえるらしい。
それはぜひとも寄らなくては。

朝食後すぐに出発。
すでに日が高くだいぶ暑くなっています。
今日は、ホンキの橘峠越えがあるので、少し気合を入れなければ。
2010_0801瀬戸♪0081


昨日寄ったショッピング街まであっという間に下り、エンジェルロードへ向かおうというときに、こんなのを見かけました。
さてここはどこでしょう。
京都?奈良?
2010_0801瀬戸♪0097

三重の塔まで階段をのぼっていくと、セミ時雨がいっそう激しく・・

すでに汗が吹き出しています。
しばらく行くとエンジェルロード
ちょうど干潮時で向こうの島までらくらく
2010_0801瀬戸♪0100

くだけた貝殻や海草を踏みながら島までいくと、ハート型の絵馬?がカラカラと風に吹かれて気持ちの良い音をたてます。
ロマンチックですねぇ~
でも似たようなところは伊豆なんかにもあったかも。

さて土庄を過ぎ、R436のちょっとしたアップダウンを越えるとすぐに小豆島町に入ります。
池田港の分岐のところにはカエルたちの電車ごっこ
2010_0801瀬戸♪0106

この分岐は普通左に行くのですが、右に行くと何やら段々畑のような桟敷の劇場があるとか。
時間にもまだまだ余裕があるので行ってみましょう。
2010_0801瀬戸♪0108

文化財「池田の桟敷」
2010_0801瀬戸♪0110


土地のおばあさんが話しかけてきました。
「竹の家が・・」とかさかんに話してくれますが、どうやら芸術祭のためのこれもアートのようです。
残念ながら見てないので分からないのですが。

ここから再びR436に合流するべく、かなり広くきれいな道を行くのですが、これが結構な上り
さらにオリーブ園を通過しオリーブ公園に着く頃には、暑さでだいぶ参ってきました。
大丈夫でしょうか
めまいを抑えながら公園の下に駐輪し、あとは歩いてとりあえず自販機で飲み物を補給しながら施設内へ。

ハーブ館をざっくり見た後は涼しい館内へ。

オリーブの女神「アテナ像」
2010_0801瀬戸♪0118

ハーブ塩入オリーブ油に浸して食べるフランスパンの試食が美味しかった♪

とにかく暑い
オリーブの小道を下りたところにギリシャ風車
青と白のコントラストが美しい
2010_0801瀬戸♪0124
2010_0801瀬戸♪0123


時間はたっぷりありますが止まっているより走った方が気持ちが良いので、先を急ぎます。

10年以上も前に来たユースホステルはまだ健在
あの時は四つ星クラスでユースにしてはかなりゴージャスだったイメージでしたが、今見ると農協の建物のようです。
草壁港近くには、まだあった「海の底」というスナック喫茶
当時はカレーライスくらいしかなくて、テーブルはインベーダーゲームになっていました。
仕方なくカレーを頼んだら、お決まりのように素麺もついてきました。
懐かしいなぁ~

ここからは見覚えのあるマルキン醤油の看板と醤油の香り
だいぶ観光客向けに新しく作られたものもありましたが。
ここで醤油ソフトを食べるところなのですが、あまりの暑さでアイスというよりカキ氷の気分
見学だけにします。
2010_0801瀬戸♪0128


黒い板塀がなんといっても風情があります。
2010_0801瀬戸♪0132


次はいよいよ二十四の瞳映画村へ。
岬の分教場までは以外にも長く・・・
ちょうど沼津から伊豆半島の戸田まで回ってきたよ~のミニチュア版のような景色が続き、伊豆の先端到着しました。
が岬の分教場です。
2010_0801瀬戸♪0137

こちらは本物
2度目なのにやっぱり時間をかけて見てしまい、同じようにじ~ん、とする。
たぶんこういう感覚が分かるのは私たち年代が最後なのかもしれないな、とちょっと淋しく思う。

映画村内はいくつか施設が増築されていて、結構見ごたえがありました。
大きく伸びたひまわり
やっぱりひまわりは自分の背丈よりも大きいのがいいなぁ~
2010_0801瀬戸♪0148

2010_0801瀬戸♪0155

2010_0801瀬戸♪0158



せんせ あそぼ
2010_0801瀬戸♪0150

ここでようやく念願のカキ氷を♪
ボンネットバスとすれ違います
2010_0801瀬戸♪0164


時間はちょうど昼
ここから福田港に向かって本格的に進みます。
細かなアップダウンには慣れてるものの、やっぱり暑さのためにうっとうしさが違います。
何度もクールダウンのための水を顔に吹きかけ、濡らした手ぬぐいを巻き直します。
気化熱でしばらくは気持ち良いのですが、すぐに汗が飛んで塩で腕がザラザラしてきます。
2010_0801瀬戸♪0175

2010_0801瀬戸♪0176


橘峠を過ぎたあたりでローディー6人衆に抜かれました。
その後休んでいるところに追いついたり、抜かれたりしながら5分遅れぐらいで福田港到着

福田港はちょうど13時15分発の姫路行きに乗る車でいっぱいでした。
観光バスも大型トラックもいて、他にバイク集団などもいたため、ローディー6人衆はあきらめて次の港へ出発しました。
そのおかげで私たちは乗れたワケですが。

予定では3時半出発のフェリーに乗るつもりでしたが1本早いのに間に合いました。
いやぁ良かった良かった。

しかしそのために昼を食べそこないましたが。
まあ姫路に着いてから考えましょう。
フェリーの中はかなり混雑していましたが、ガヤガヤする中お昼寝タイム
自転車はこのとおり。デッキにあがる階段下のスペースを確保してくれました。
2010_0801瀬戸♪0182


1時間半ののんびり船旅も終わり姫路港から駅までひたすらこぎ続けます。
思いがけずここも街道・・
2010_0801瀬戸♪0183

道は広く30分ほどで到着
すぐに輪行パックして予定よりぴったし2時間前のひかりに乗車
昼夜兼用の食事はアナゴ飯
うまぁ~~♪
2010_0801瀬戸♪0186


本日の走行距離53km 2日間で73km
まあ観光しながら、時間配分を考えてとなると妥当なところかも。
それにしても島は狭いのであった。
いつもの感覚で走っていると、意外なほどすんなり回れてしまいます。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

岬の分教場、ここも良かったなぁ。
時間が止まっているんですよね。
木造校舎に木の机と椅子。

歳がバレバレですが(笑)。

そうなんですよ。
時間よとまれ、です。v-240

いつまでも海を眺めながらそこにいたい気持ちにさせられます。

仕事以外では

瀬戸内のほうって仕事以外で行ったことがなく
当然、海の近くなど行くはずもなく
淡路島だって
地震断層を見学に行っただけ。

いいなあ、観光。
でも、自分が観光って楽しめない体質なだけなのかも。

mcberryさんはお仕事で行かれたのですね(^^)
確かに地層とか断層専門では、観光とかは考えられないのかもしれませんねぇ

小豆島の北側は三菱マテリアルとか豊島では産業廃棄物が問題になったり、いろいろあるようです。
瀬戸内の島々にはプラントがあちこちにあって、それも興味深かったです。

素晴らしい

ひろりです。
我が故郷を旅して、どう、感動でしょう(^◇^)
細かく書いてもらってるから、情景がイメージできるよ。
あー、実家が懐かしいなあ、今月の盆休みには帰る予定だよ(^◇^)

ひろりさん

小豆島、感動でしたよ。やっぱり夏がいいです。
今回2回目なのですが、瀬戸内はまだ行きたいところがいくつかあります。
お盆休みに帰省されるのですね。
たくさん心の洗濯をしてきてくださいませ。

青い海・・・ひまわり・・

いいなぁ~!!海が恋しいです。

ゆっくりリフレッシュされましたね。

ふくろうさん

夏の海~!って感じでしょ?
本当はしまなみ海道とかも行きたかったのですが、日にちの制約があって、連泊できないのが残念です。