2010/04/03

またかよっ!!

恒例のお花見ポタですが、これがもうとんでもない展開に(@@;

慌しい日々の中、相方も時間の合間を見て車で向かってきます。
こちらに向かって来る間、昨日の暴風雨ですっかりドロドロになった自転車を洗車して、しっかりオイルも注し、空気も入れて・・・
なんとなく予感があったんでしょう
ホイールとブレーキパッドの間を念入りに掃除したにもかかわらず
ま、それは後ほど。


今日はバイパスで待ち合わせ、宇津ノ谷まで車で。
ここから自転車をおろしてポタポタ、藤枝の勝草橋に向かいます。
今年は自転車を置いていかなくても良さそうで、歩行者に注意すれば引いて歩いていくことはできそうです。
花見のもうひとつの目的は、よもぎきんつばを作るべく、瀬戸川沿いに生えているよもぎを摘んでいくこと。
コンビニで買った袋の中にどんどん摘んでいきます。

桜はこのとおり
強風のせいか、いくらか花が疎らになってしまったようですが、ほぼ満開です。
2010_0403花見ポタ?0045

2010_0403花見ポタ?0053


で、金毘羅山のふもとでは宴会が・・
みなさん桜よりも何よりも呑むこと、喋ることだけに熱中している様子。
「ここでMさんなら、ちゃ~んと写真を撮るんだけどねぇ~」
「そうそう」な~んて話をしながら通り過ぎてしまったのですが(どうやらMさんが宴会の輪の中にいらしたようで、後で知ってビックリ)

この後は焼津方向にポタポタ
2010_0403花見ポタ?0079


小川の方もキレイだったよね~♪なんて話しながらパチリ
さて問題。ここはどこでしょう
(ヒント:後ろの山は高草山です。)
2010_0403花見ポタ?0076

土手の工事中のところを迂回するとすぐにR222に出て、しばらく走ると突然パ~ンと後輪がバースト!



見たら、なんと!ホイールのリムが裂けている!!
こんなことってあるんでしょうか・・・
朝のイヤな予感というか違和感はこれだったのか
とにかくどうしようもないので、とりあえず引いて歩けるぐらいにリムをそうっと元に戻し、勝草橋の近くにあった自転車やさんまで戻ることに。
しかし同じホイールがあるとは限らないので(いやむしろ、ないと思った方がいいかも)
相方には宇津ノ谷まで自転車で戻ってもらい、車で来てもらうことに。


なんで私はこの桜吹雪の中をのんびり歩いているのだろう。
と半分、他人事のように、そんな状況なのに車で迎えに来てくれるという安心感からか、妙に平和な気持ちで自転車やさんまで歩いていきました。
しかし歩くと結構距離がありますね。

ようやく勝草橋のたもとまで着き、自転車やさんに到着した頃、相方から連絡があり、宇津ノ谷を出発したとのこと。
何度も呼んでようやく出てきた自転車やのおやじさんはそこそこ高齢で、説明するなり
「なんでこんなことに・・」とホイールを見るなり呆れ、まるで私が悪いみたいに(どうやったらこんなことになるんだね)とでも言いたげでした。
「これじゃぁムリだねぇ」
「えぇ、ですから取り替えていただくしかないとは思うんですけど・・」と、気を使いながら言うと
シラッと「うちじゃできないから、せがれがやってる店に行って」と言われました。

地図を渡されて、ここから何キロくらいか尋ねたら2kmほどとのこと。
ま、ここまで延々歩いたんだし、それくらいどうってことないか、と地図のとおりに歩いていきます。
場所は駿河台
地名こそ分かるものの行くのは初めてで、まさかこんな形で歩いていくことになるなんて。

3つ目の信号を右折し、街中から郊外へと雰囲気が変わって、上り坂の高台にさしかかるところで相方が追いつきました。
意外な場所に思ったより小さな自転車やさんがありました。
外にロードがいくつか置いてあって、工房のような感じ
マックスバイシクルズ
http://www.macsbicycles.com/

駐車スペースがないので、どうして停めたら良いか尋ねたら
中から出てきたのはヒゲの店長さん。
相方が指示どおりに車を動かしてる間、状態を説明すると
「その地図を持ってるってことは・・」
「えぇ、お父様から紹介されて・・」
「いや、あそことはもう20年も絶縁状態です。相続も抹消しました。困るんです。自分でできないとなると何でもこちらに勝手に回されて。だからと言ってこちらでもすべて対応できるとは限らないんです。逆にお客様に迷惑をかけてしまいますので。」と言うのです。

(わ!またなんかややこしいことになりそうだわ)
それでも、どういうのか見てくれると言うのでバーストした後輪だけ見せるとすぐに
「あ、これはですね。ブレーキをかけると当然パッドも減りますが、こちらのリムも減るわけです。それが磨耗してくると耐え切れなくなってこのように裂けてしまうワケですね。」といとも簡単に理由を説明してくれます。
また怒られるんじゃないかとビクビクしていたので、いくらかホッとしました。

店長はホイールを目の高さまで持ち上げて
「これはシマノの・・・」
(う!なんて言われるんだろう)わたしはその続きをまたドキドキしながら聞いています。
「リーズナブルなモノですので、え~とちょっとお待ちください。」とすぐに電卓を持ってきて見積もりしてくれました。
片っ方だけで安くて1万くらいかなぁ・・と思ってたのですが、意外にも安かったので、両輪取り替えることにしました。
手持ちのお金で何とかなりそうです。
しかも2時間もあればできるというので、すぐにお願いしました。

その間近くのファミレスで食事をし、ユニクロも見て行こうということで駐車場に入ろうとしたら携帯に連絡が入りました。
すぐに取りに行きます。
最初の見積もりどおり、両輪で1万5千円也
ダメになった方は処分代が別にかかるそうなので、自分で粗大ゴミに出すことに。
ダメになったホイール
画像 006

新品
画像 008


ネットで調べたらロードの完組みホイールってすごいお値段なんですね~(@@;
良かったぁ(´0`)良心的なお店で
ブレーキの調整もしてくれてあって、リムもクイックもピカピカ
すでに7年近くは乗ってるから充分すぎるくらいかも。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最初はどこがバーストしたのか分かりませんでしたが、
写真を見てからようやく理解しました。
こんなこともあるんだと思いました、長く乗っていればホイールも
交換する必要がありますね。
ホイールはアルミだから減っていきます。
ブレーキをかけた時、擦れるような音がしてきたら
そのままにしておかないで、ブレーキパッドを外して
パッドに刺さっているカスを取り除き、目の細かいサンドペーパーで
表面をかるく均すとホイールの磨耗防止にもなります。


マックさんの店で修理は、不幸中の幸いです。
抜群の腕前と良心的なお値段ですから。
私も最近は、全てマックさんにお任せです。

ちなみに、お父様はこんな方
http://blogs.yahoo.co.jp/mozacycle
です。

金比羅山の桜は、2~3日中にアップします。

Fjirouさん

貴重なアドバイスありがとうございます。
それにしても、あんなことは初めてだったので、びっくりしました。
雨の日の後は特にちゃんと整備しないとダメですね。

Mさん行きつけのお店でしたか(^^;

本当にケガの功名というか・・
思いがけず良いお店にめぐりあえて良かったです。
場所からいって、遊輪館が近かったのですが、土地勘がなかったので。
後でお店のHPを見て、全国から持込みがあるようで、改めてビックリしました。

お父様も有名な方だったのですね(汗)
それにしても面白い父子でした。

こんばんは。
リムが剥がれるほど乗ってくれて、自転車も嬉しいと思います。
MACさんも有名な自転車屋さんですが、モザサイクルさんも自転車乗りには有名な方です。
MACさんは、未来派思考。
モザサイクルさんは、古典主義派。
私の行き着けのお店も、古典主義派です。
必要な部品しか、交換しません。

三振王さん
 
おはようございます。どちらも有名なお店だったんですね(^^ゞ
リムが剥がれるほど乗れた、って思えば幸せですよね。
単純にビビりで必要以上にブレーキをかけ過ぎるのと、お手入れ不足もあったかもしれません。 
メンテ次第でもう少し乗れたかもしれません。

最近は

macさんの店は2年ほど顔出ししてません。
相性ってやつがあるのでしょう。
でも、いい店でよかったですね。

mcberryさんも!(@@

そうですねぇ
相性というか、、自転車やさんもいろいろだなぁとは感じますね。
技術と部品に応じたコストだったら私はお店の雰囲気や対応にはあまりこだわりません(^^)

有名店でも アレ?っていうところもありますし。