2009/09/21

武州から十石峠街道、秩父へ

街道シリーズ SWは
「R299武州街道と、その他の街道をできるだけ回ってみよう~♪」です。
起点は茅野から麦草峠を経て(別名メルヘン街道)小海線、海瀬駅からさらに東へ。
小鹿野、秩父から埼玉県入間市に入るルートです。

中間で一泊すればちょうど良いのですが、峠道のため適当な店や宿泊できるところなどなく、今回は秩父で一泊することに。
電車の時刻の関係で、麦草峠を越えて秩父まで走るのは、とてもムリと判断し、出発は海瀬駅にします。

朝寝坊して4時起きのつもりが5時に!
スッピンのまま朝ごはんも食べずに、補給食を詰め込んで、着替えてすぐ出発です。
駅までシャカシャカ。
自転車を解体して輪行パックして6時発の電車に飛び乗り、何とか間に合いました。
富士で相方と待ち合わせ、身延線、スーパーあずさ5号で小淵沢、そこから小海線でトコトコ行くのですが、小海線が激混み。

清里、野辺山といえばかつては若い人ばっかりだったのに、今日の客はシャレた年配者ばかり(?_?)
う~ん、夏でもないのに小海線がこんなに混んでいるとは!
どうやらこの年配者たちは
「日本一高いところを走っているJR駅」を経験しようツアーだったのか、野辺山で降りて行きました。

八千穂を過ぎ、海瀬駅は無人駅です。
ドアは1両目しか開かないので、ツアー客が降りた後ジリジリ移動して、車掌さんに切符を渡して下車
時間は11時40分、すでにお昼です。

駅を降りると、なんと!
駅舎とか、自販機とか、トイレとか、コンビニとか駅に普通ありそうなものは全く何もありません。
2009_0922肉喰う王子0004


農家の庭先のような通路を通って道路端で自転車を組み立てます。
2009_0922肉喰う王子0001

R299は道路のすぐ下を交差するように走っていて、まっすぐ東に向かった一本道。

ときどき旧道にそれながら、どんどこ東へ向かいます。
2009_0922肉喰う王子0006


しかし予想はしてたけど、ここから十石峠を越えるまでは何もありません。
補給食と、少ない待ち合わせ時間で買ったおにぎりがあったので助かりました。

佐久穂町にはコスモスが咲いていたり、まだ長野の高原風景が広がります。
2009_0922肉喰う王子0015


起点からすぐにジリジリ上りになり、古谷ダムを過ぎて
2009_0922肉喰う王子0023

十石峠にさしかかると、ローディーが休憩していました。
昨日まで仕事で明日は天気が怪しいので今日しかない、ってことで高崎から走ってきたようです。
すでに80kmを越えているそうで、この後峠を越えて下仁田から高崎に戻るという、周回ルートを走っているようですが・・・
だいぶお疲れのようで5km走っては休憩、なんてやってるそうですが今日中に間に合うのでしょうか?
相方は自転車につけてるライトがSG305とかで自分と一緒だと、そこに注目して話をしたようです。

その後分かれて先に出発したのですが、相方が言うには、彼はきっとハンガーノックだったのかも、と。
そういえば昼食を食べたような形跡もなかったですし・・
途中お店もないですし、そんなことならせめて持ってきたアンパンでも分けてあげれば良かったかしら。

とうとう十石峠の頂上に着いても彼は追いついてきませんでした。
十石峠 標高1,351m
2009_0922肉喰う王子0038
2009_0922肉喰う王子0032


ここから下り、群馬に入ります。
それも長い長い下りで、途中からやたら狭くなった道路なうえに、先の見えないU字カーブなんかがザラにあるので、結構神経を使います。
これでも国道?
2009_0922肉喰う王子0043

上野村到着、旧黒澤家住宅
2009_0922肉喰う王子0046


ようやく道の駅「上野」に
どうやら日本一小さい道の駅のようです。
なるほど~ちっちゃ!
2009_0922肉喰う王子0055

上野からの分岐は299でなく462の十石峠街道の方を行きます。
2009_0922肉喰う王子0058

理由は長瀞を経由していきたいためで、それだと20kmほど距離が長くなりますが。
ま、何とかなるでしょう。

ここからは峡谷を縫っていくため、トンネルがいくつも。
これらのトンネルを回避するために旧道へ逃れます。
2009_0922肉喰う王子0047

どこからか金木犀の匂いがして、小江戸のような、長野とは全く違った風景に変わります。

それにしても相変わらずU字カーブと急坂の連続。
2009_0922肉喰う王子0049

崖は高く落石防止のコンクリートで覆われ、いやぁハラハラドキドキします。
途中恐竜センターなるものもあって、恐竜まんじゅうが売られていました。
2009_0922肉喰う王子0064

上州は恐竜が有名なんでしょうか
2009_0922肉喰う王子0059


さらに行くと再び道の駅「万葉(まんば)の里」
じゃがいもを串刺しにして味噌味のタレをつけたものが売られています。
2009_0922肉喰う王子0067
ほくほくで疲れた体に効きますね~


あと少しで神流湖です。
だいぶ日が傾いてきました。
2009_0922肉喰う王子0070

暗くならないうちにここを抜けないと。
なんか有名な心霊スポットということだし。
2009_0922肉喰う王子0072


さらに行くと道の駅「上州おにし」
2009_0922肉喰う王子0074

この街道はコンビニは1軒もないのに、道の駅だけはやたらたくさんありますね。
でもおみやになるものは特に何もありません。
十石味噌は1kgもあって重くなるし、他にめぼしいものもないのでサクッと見て通過。

鬼石から児玉町へ。
2009_0922肉喰う王子0075

皆野町に200mの最後の上り。
ゴルフ場を横目に見ながら上ってる最中に夕日が落ちていきました。
2009_0922肉喰う王子0076


ライトを2つもつけ、さらに相方の光度バッチリの305で後方から照らしてもらいながら進みます。
もう長瀞はすぐそこなのですが、すでに日が落ちてしまっては肝心の峡谷風景も見られません。

仕方なくショートカットコースで秩父を目指します。
44号から秩父街道140号に合流。
驚いたことに、ここにも道の駅「秩父」があった‘ようです’。
‘ようです’というのは、暗くてわたしは分からなかったのだけど相方が寂れたドライブインが・・と思ったら道の駅だったらしい。
ここらの店は6時になるといっせいに店を閉めてしまうようなのです。
あらら~

午後7時
ようやく西武秩父駅前のホテルに到着

ふぁ~長かった。
走行距離107km

幸い駅前にはファミレスがたくさんあったので、夕飯でようやくまともな食事にありつけたのでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント