2009/08/02

魚津、ワイドビューひだ

2日目の朝
朝食はホテルで和食、洋食などのバイキング
ホタルイカの沖漬けや黒づくりなどの地場モノやポテトサラダだけでも数種類。
あまりの美味しさにいっぱいお代わりしました。

その後は近場ポタといきたいところですが、あいにく今回は自転車がないので、徒歩にて散策
蜃気楼ロードまで行ってみます。
蜃気楼が見られる時期は3月~6月のよく晴れた日、フェーン現象が見られる日ってことなので今日はムリですね。
海の家蜃気楼
何も見えないや

来週「たてもん祭り」というのがあるようです。
たてもん祭り


魚津から富山へ
富山といえば薬売り
駅から3kmほど離れた民族民芸村へGO
ここでも歩き。
資料館では農耕、祭礼の用具、養蚕の様子などを見学
その後は売薬資料館へ

懐かしいオマケの風船が貰えました♪
富山の薬売り

「先用後利」(せんようこうり)という売薬の方法は他にないそうで、そこが商売を発展させてきた要因なんですね。
行商で背負う5段になった柳ごうりも実に合理的にできていて、興味深かった。

さすがに歩くのはもうしんどいということで資料館から駅まではバス
富山駅で購入のおみやは当然マス寿司!
ケロリンの手桶、売薬セットは欲しかったけどパス
13時発の特急ワイドビューひだで名古屋までいっきに行きます。

ここからの景色はJR東海のCMでお馴染みの、ため息が出るような景色がずっと続きます。
高山本線と以前自転車で走った41号がずっと交差しながら、どこまでも山の合間を進んでいきます。
途中、緑の鉄橋や、赤い鉄橋が見え、峡谷を抜け、いくつかの洞門があり・・
画像 057
画像 055

お~これこれ、このカーブ
2009_0802黒部の蜃気楼0104



ここを走るだけでもかなりの価値があるのでは。
それくらい大好きな街道です。
道なりに続く神通川は最初日本海方面へ流れていますが、高山を過ぎると美濃加茂あたりまで木曽川に流れを変えて逆方向になります。
画像 058


名古屋からは‘ひかり’で静岡まで
超過密ダイヤで新幹線も3分毎に出ていました。
6時半静岡到着
いやぁ楽しかった。
次回は高山~犬山あたりだけでもまた自転車で走りたいものです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NoTitle

立山黒部ですか、良いですね。
てっきり自転車を持って、かと思いました。

私も数年前に行きました。
翌日の、ホタルイカとセットで。
魚津でなく、滑川でしたが…

飛騨路は、自転車で走ってみたいです。

NoTitle

Mさん>
アルペンルートは自転車持込みはムリらしいです。
10kg以下に荷物が制限されていました。
でも山登りする人は明らかにそれ以上だったですけどねv-11

飛騨~美濃太田まではとても美しい景色が広がります。
ロングライドでいかがでしょう。