2015/05/17

内浦ポタ

久々に沼津まで
内浦漁港が新たに「いけすや」とリニューアルされ、観光客向けに活アジ料理を食べさせてくれるというので、早速行ってみました。
吉原まで2時間ちょいかかるのを見越して、家を6時に出ます。
吉原駅に8時着 相方と合流して田子の浦から堤防沿いに沼津まで。

アンパンやさん「恵比」はお休みでした。残念
まだ海水浴には早いので、御用邸の海もそんなに人出は多くありません。
口野からR414 三津シーパラダイスを過ぎてしばらく行くと、いけすやの幟がいっぱい立っています。

今日はOPENから2日目
IMG_0965.jpg
 
整理券をもらって、11時になるまで時間をつぶします。
我々は11番 時間になると順番に注文
こちらは、わさび葉で巻いた活アジの押し寿司
IMG_0969.jpg
TVではアジフライも好評だったようで、相方は活きアジ丼とフライのセット
アジ丼には、後からショウガ、ネギと醤油をたらしてだし汁を注いでお茶漬け風にして食べると、また格別

今日は内浦地区を散策 なかなか通過するばっかりで知らなかったけど、実はこんなに良い場所があったんだ~と改めて思いました。
内浦重須のノスタルジックな風景
IMG_0971.jpg

IMG_0972.jpg

長浜城址
IMG_0973.jpg
弁財天の後ろに内浦の海
IMG_0974.jpg

長浜城址から見た重須地区
IMG_0975.jpg

IMG_0978.jpg

古民家を利用したかふぇ
IMG_0980.jpg

お茶も楽しんで、ゆっくり帰宅
帰りは吉原から輪行でしたが、久々の長距離

*****************************************************************************

5月8日に母が亡くなりました。
90歳でした。 老衰で眠るように、管につながれることもなく安らかに逝きました。
認知症で暴言吐いたり物を投げすてたり、徘徊でおまわりさんにお世話になったりいろいろありましたが、2年半
特養でお世話になり、それでも最後の半年は不思議なことに正気になり、私のことも覚えてて、逆に体を気遣ってもらったり、お礼を言われたりと前日にお別れもできて良かったです。

お葬式は母の希望どおり身内だけで、大好きな白い花で、遺影も‘この写真で’と言われたのですでに4年前に作ってあり、迷うことなく送ることができました。
終活は完璧だったようです。
母らしいスッキリした終わり方でした。



スポンサーサイト