2010/08/28

佐久間、天竜 

8月も終わりです。
18切符があと1枚
さて、どうしよう。

予定が決まってなかったので、朝ものんびり
これが後々ひびいてこようとは。

いつもの出勤時間と同じくらいに家を出ますが、輪行袋もヘルメも持って一応旅仕様
途中で相方からメールが入りますが、今日はお互いにソロで。

思いつきで、鉄道も楽しめる飯田線に乗ることにします。
飯田手前の天竜峡が気になっているので、そこまで行ってみたいのですが・・・

飯田線に乗るには浜松からさらに豊橋まで行かなくてはなりません。
豊橋から豊川とか新城とか愛知県内に入って、そこからまた浜松市天竜区に入ってくるので、大幅な遠回りですが仕方ありません。

東海道沿線はいつもどおりの雰囲気ですが、豊橋から乗り換えると乗客が変わります。
画像 001

明らかに地元の人ではない老夫婦とか、さっきからしきりとカメラを気にしてる人とか。
トランクの中はどうやらカメラと時刻表ぐらいしかない様子
輪行袋を持ってるのは私くらいのものです。

5分停車だとみな手動式のドアを開けてパシャパシャ
鳳来寺登山口の案内板も見えます。
画像 002
画像 003

各駅停車の上そんなこんなでかな~りのんびりなので、とても天竜峡には行けそうもありません。
この先何とか戻れそうな場所で、峠などがなく分かるところと言ったら、佐久間か水窪くらいしかありません。
佐久間で降りることにします。

ひとつ手前の「ちゅうぶてんりゅう」でほとんどの人が降りていきました。
でもレールパークは去年11月1日で閉園になったようです。
その先の「佐久間」で降りたのはわたしひとり。
すでに昼を回って午後1時。
ここまで来るのに4時間半も乗っていたとは!

切符を出すのに手間取っていたら
「18切符ですか?いいです、いいです。」と車掌さんが言ってくれてすぐそのまま出発しました。
そういえばこの車掌さん、氷川きよしに激似のイケメンです♪

駅の前には図書館
152号に出る道をおしえてもらいます。
「ずっと下りになりますか?」と訊いたら意味が分かりませんと言われてしまいました。
「ここは山の中腹で、下るとも上るとも言えない。」って・・・
なんか不安だわ。まあ峠を越えると言われないだけマシか。
この先ホウジ峠とかに入ってすっかり遅くなってしまったら、今日中に戻れるか保障できません。
佐久間からそのまま戻るとしても、次の電車が来るのは14時5分
さらにそこからまた4時間半も ひえぇぇ~~
画像 004



しかし、あの大勢の撮り鉄さんたちは、あそこで1時間半も時間をつぶすのでしょうか。
自転車に乗れば、もっともっと面白い別の風景も撮れるのに。

ダムに寄って、すぐ言われた方向にどんどこ走ります。
画像 007

画像 005

秋葉街道の記憶の中では、152号に出てしまえば、あとはほとんど平坦な緩い下りのはずです。
しかも秋葉ダム、船明ダムなどグリーンの水をたたえた美しいダム湖を見ながら走れます。
お~し! 頑張るぞ
画像 008


しばらく道なりに行くと、すぐ152号に合流しました。
あとは天竜二股まで40kmほど、どんどこ進むのみ
画像 009


時間のことばかり気にしていたので、補給もトイレも忘れていました。
豊橋での乗り換えでパンとおむすびを食べておいて良かったぁ~
ペットボトルの飲み物も残り少なくなっていますが、自動販売機ぐらいはありそうなので、まあ何とかなるでしょう。

龍山町に入ってからも相変わらず天竜グリーンが延々続きます。
画像 010

さっきからトイレに行きたいが困った。
幸い車もそんなに交通量が多くないので、適当な草むらを見つけてやってしまいました。
とにかく見つからないうちに急がないと。
そそくさと身支度して、500mほど行くと、なんと龍山町ポケットパークなるものがありトイレが完備されていました。
あ~あ分かっていれば。
さんざん探したあげく、必要なくなってから現れるってパターンですね。

秋葉ダムからはトンネルのオンパレードになります。
前はそのまま突っ切りましたが、ひとりでは不安なので、長いトンネルは回避
回避ルートで秋葉神社本宮を見つけました。
春野町へのルートもあるので、そちらに行きたい衝動に駆られますが、そっちに行ったらさらに山越え、大井川と続いてしまいます。
今日は時間がないのでパス


いや、しかしきれいです
画像 013


天竜相津花桃の里
赤い橋
画像 017

このあたりからカヌーをやってるボートと並走になります。
画像 016


熊へ行く道を見やって、二股駅を目指します。
ここらから交通量も増えてきます。
二俣駅近くのてんこ盛りのカキ氷の店が気になって街中を走ってみますが見当たりません。
見落としてしまったのでしょうか。

時間も気になっていたため、あきらめてとりあえず駅へ。
レトロな方ではなく、天浜線の「天竜二俣駅」
画像 018

18切符は使えないので掛川までの切符を買います。

なんとか余裕で乗れました。
18時帰宅 飯田線で戻っていたらあと1時間は遅れていたでしょう。
自転車での走行52km
スポンサーサイト