2010/05/16

夏仕様の花たちへ

春の花が夏の花に移行している。

今年は寒い日が続いたせいか、春爛漫といった花満開の雰囲気が全然味わえなかった。
気分まで盛り下がって、去年のように必死になった草取りもやる気がしない。

パンジーは花柄摘みをおこたったせいか、早くもタネをつけ始め、ロクな花を見ないまま終焉を迎えつつある。
それでも去年の秋に撒いたタネがようやく今、盛りを迎えつつある。


大好きなサファイアブルーの矢車草
画像 001
この色が好きなのだ。

目が覚めるようなロベリアのブルー
画像 004

最近手のかからないアズーロコンパクトという種類が出てきたが、フツーなのが魅力
ただし花数が多いため、花柄摘みをかなり小まめにしないといけないので面倒かも。

野趣あふれるアザミも好き
散歩の途中で手折ってくる。
トゲが痛いので、トゲにふれないように指で折り下向きにして持って来る。
昔のアザミはもっと青が勝ってきれいだったのに、最近赤みがかったのが多い。


千鳥草(ラークスパー)
画像 002
これの宿根のデルフィニウムは、これよりさらに素晴らしいのだが、寒冷地仕様なので静岡では育ちにくい。
青を期待したのに咲いたのはピンク


今日も園芸やさんで花を買ってしまいました。
蔓モノが好きなので、こないだ西洋アサガオを買ったばかりだというのに、またまたフウセンカズラ、サンパラソルなど買ってしまった。

早くもアジサイの鉢が出回っている。
隣で「これ、いい色よね~」と感嘆してるふうなオバサンがいたので、思わず花を見て、それからオバサンを見てしまいました。
その方の持ってたのは結構どぎつい感じのピンクだったので、改めて好みも人それぞれだなぁ、と思ったものでした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。