2017/09/04

菊川、横須賀ポタ

最近行ってない愛宕下羊羹を買いに・・

旧大東町横須賀、何年ぶりかなぁ
相方の車で菊川運動公園まで

そこから、自転車を降ろして気になっていた塩井戸を探しに
潮海寺から道を聞きながら坂を上りつつ案内板を頼りに行くと、畑の中にぽつねんとありました。
海から遠いのに塩が出るということで有名らしい
170903横須賀0005

海側に出るには別ルートで
途中いやににぎわっている和菓子屋さんを発見
見れば県外からも車がぞくぞく
場所は半済というところの和菓子屋「桜屋」さん

中に入ると葛シャリという溶けてもゼリー状になって崩れないアイスで有名ということで秘密の県民ショーで取り上げられたらしく、どおりでほとんどの人が何本も買っていきます。
我々もアイスキャンデーの他生ドラなどお買い上げ
170903横須賀0008

アイスは溶けかけが美味しいということなので、そこから30分ほど走って高天神城跡のところで休憩しながら食べました。
フルーツたっぷりで甘さ控えめでとっても美味しい~♪
生ドラも想像以上の美味しさでした。

横須賀に出るにはいつもならR38を通るのですが、山側の道249から行きます。

横須賀に着いてからは早速愛宕下羊羹へ
170903横須賀0016

アラカルトの一口羊羹がちょうど2つ残ってたので相方と一個ずつゲット
相方は他に白インゲンの羊羹も1本お買い上げ
170903横須賀0027

私は表通りの糀屋さんでお味噌を購入
この2つの店舗はかなりの人が知ってるくらい昔から有名なんですね。
日曜だけ開いてると言う案内所で場所を確認
170903横須賀0018

旧街道の趣を残してる横須賀も少しずつお店が変わってるようです。
帰りは穀倉地帯のような田園地帯を延々と
170903横須賀0024

すでに稲刈りが終わった場所もあり、どこも黄金色に稲が色づいていました。
帰りはR38に合流して運動公園まで戻り

走行距離50km
久々の中距離ポタ
最近にしては割と走った方かもしれません。





スポンサーサイト
2017/08/28

犬山~尾張一宮ポタ

夏休み最終日は 最後の18切符を使って犬山へ
JRだけで行く場合は岐阜から乗り換えで鵜沼で下車

電車を降りると早速良い雰囲気の景色が
170827犬山一宮0008

木曽川沿いに少し走るとすぐに犬山城です。
170827犬山一宮0024

その前に神社参拝
なぜか子づくりにご利益がある神社(^^;
ヤヤコが欲しい~孫が欲しい~

急な階段を登っていくと天守閣からはさらに360度の木曽川や街中の景観
170827犬山一宮0030

落雷で壊れた鯱のカケラも展示されていました。
ご神木にはノウゼンカズラのオレンジの花が絡みついてとても美しい。
170827犬山一宮0036

隣の稲荷神社では縁結び以外に金運アップの銭洗いもあったので、お札や小銭をザルに入れて洗ってきました。

今回も女子力がやたら高めの神社や門前町を見物
170827犬山一宮0083
愛知は全般的にお祭りが盛んで地方によって山車の形に特徴があったり、犬山では各山車にからくり人形を仕掛けるのも特徴
門前町にはからくり人形の展示もたくさんあります。
170827犬山一宮0049
170827犬山一宮0071

門前町では醤油だんごや恋小町だんごなどが長蛇の列
恋小町だんごは夏ミカンやソーダなどのいろんな味の餡をのせたお団子がとてもきれい
170827犬山一宮0073

しっかり見学の後は木曽川サイクリングロードを下りつつ各務原市を通過、一宮を目指します。
大勢のロードが行きかいますが、本格的な走り屋さんというより家族連れでも楽しめそうなルンルンな平坦地
17kmほど走るとシンボルタワー 138タワーが見えてきます。
170827犬山一宮0096
中に入ってみますが、展望台以外は特に何もなし。

一宮はモーニングの聖地?ということで、有名な名古屋モーニングが食べられる店がいっぱいあってこちらも楽しみにしてきました。
あいにく時間はすでに昼も1時過ぎ・・・
目当ての店は138からさらに10kmほど

目的のカフェ 「クローチェ」は田園地帯の中の川沿いの場所にあり、行ったら裏口に来てしまいました。
なんか静岡でいうところの竜南とかに近い雰囲気
表に回るとたくさんの車が・・
オシャレで結構広いお店でした。
モーニングは終わっていましたがサラダとメインディッシュ、飲み物、ケーキがついて990円!
静岡では考えられないコスパで俄然テンションが上がります。

満足したところで一宮駅へ
先ほどの田園がウソのように大都会みたいな広い構内の駅です。

帰りは予定より1時間ほど早く到着
18切符でほぼ毎週出かけていましたが、全部使い倒して終了~

明日からはすっかり仕事モードです。

2017/08/20

相模湖~平塚

18きっぷ4回目となり今日は相模湖へ
始発で沼津~茅ヶ崎~橋本~八王子~相模湖と乗り換えていき、9時過ぎに相模湖到着

甲州街道は車の列、なぜか高尾山で降りる人は意外に少なくみなフェスに行くような恰好です。
相模湖には自転車のりが大勢いました。
相模湖公園
170819相模湖0008
コンビニで朝食補給をして出発 相模湖を回り込む洞門
170819相模湖0016

R412を10kmほど走ると津久井湖
170819相模湖0026

城山ダムを過ぎ、相模川沿いの道まで降りていきます。
170819相模湖0036
170819相模湖0037

相模川沿いの供養塔・・たぶん厚木近くですが久所とは??
170819相模湖0043

対岸に渡りR511を下っていきますが、トラックが多く走行がヒヤヒヤもの
県道を行けばよかったですね。

バイパスに逃れて途中からまた橋を渡り寒川神社に寄っていきます。
相模一ノ宮の寒川神社はかなり立派なものですが、鎌倉の鶴岡八幡宮に訪れる人が多いので、こちらはそれほど多くないそうな。
残暑厳しく、ここに着いた頃は一番日が高いとき
中で涼んでから出発

神社からは8kmほど走って帰りは平塚から
ロード衆は狭い路肩も関係なく飛ばしていきますが、都会の道は走るのに気をつかいますね。
2017/08/12

3丁目の昭和 常滑~半田

18切符 日帰り旅行は常滑へ

バス旅行では行ったことがあるものの、相方にとっては初めてということで、輪行にて豊橋経由
そこからは名鉄に乗り換えて神宮前で乗り換え常滑まで。

駅で観光マップを貰ってコースどおりに散策
170811常滑と半田0006

狭い路地に常滑焼の工房やら土管の坂などがあって見どころはいっぱい。
自転車は引いて歩きながらの観光

カンカン帽子をかぶった私の姿が3丁目の昭和に出てくるアナウンサーにソックリだそうな。
確かにレトロ感は出てるかも。
170811常滑と半田0039
170811常滑と半田0022
170811常滑と半田0051
料理が映えそうなオシャレなお皿をいくつか見つけました。

小腹が空いたので、だんごやさんで焼きだんご、カキ氷など注文
渡辺直美が最近来たそうで、名物の冷やし大福をたくさん食べて行ったとのこと。
静岡旅行に同行すると、女性がみんなお茶の詰め放題に目の色が変わり、帰りはお土産でいっぱいになってしまう、と。


170811常滑と半田0059

170811常滑と半田0067

常滑を出て半田まで走ります。
途中ウナギやさんの大きな看板を見つけたので、つい立ち寄ることに。
駐車場はいっぱいです。これだけ繁盛してるのだからきっと美味しいに違いない。
それか意外とリーズナブルかも? なんて考えながら入るとすでに待合の椅子にズラリと人が・・・

ホテイアオイの浮いた池の鯉など眺めながら待ってると、みな家族連れで来ていたため、カウンター席でも良い我々ふたりが先に通されました。 中ではお漬物バイキングなどがあり、漬物食べない私でも結構食べられるのがいくつかありました。

1時間ほど待たされようやく出てきたうな重はウナギが肉厚、皮の部分が炭火の焦げで香ばしく結構食べ応えがありました。
170811常滑と半田0073

ふたたび出発するとこの辺りは面白い看板ばかり
明らかにホテル○ートインの建物なのにアズインとかコ○ダコーヒーの造りなのに違う名前とか、薬局も、スーパーも聞いたことのない名前ばかり。

半田駅に着いて案内板確認
駅からすぐのところに半田運河 運河沿いにミツカン酢の黒塀の建物
170811常滑と半田0078

蔵の街 半田は醸造酢からカブトビールなどのお酒、酵母から敷島製パンなど醸造産業の街として栄えたようです。
赤レンガの建物はもとカブトビールの醸造所
運河沿いでなく、意外にも街のど真ん中にありましたが、中ではジャズがかかりオシャレな空間としてここも雰囲気抜群です。
170811常滑と半田0089

ゆっくり見物してたので結構いい時間になりましたがここからさらに碧南まで走ります。
暑さと建物内の気温差のせいか、相方が途中でめまいを起こしてしまいました。

蒲郡まで走るつもりでしたがコンビニでしばらく休み早めに電車に乗ることにします。
碧南から10kmほど走って安城からJRに乗ります。

帰りは袋井の花火で浜松の手前から激混みでした。
浴衣姿の男女が入り混じった満員電車の中、自転車を抱きかかえて運転席近くで立っていました。
座れたのは愛野駅を過ぎてから。

お盆休みですから仕方ありません。
家に着いたのは8時近く


2017/08/07

たぬきと陣馬

涼を求めて久々に陣馬の滝に行ってみたくなりました。

輪行で富士まで行き、相方の車で田貫湖まで。
以前来たのがもうかなり前だったので、だいぶ道の記憶が薄れています。
170806たぬきとじんば0002

湖を半周したところで案内板を確認し、陣馬の滝へ
意外にも道が荒れているとか、上り坂だなど新たな発見
170806たぬきとじんば0005

そして小川をシュバッと渡り、陣馬の滝到着
170806たぬきとじんば0006

滝つぼに近づくとかなり冷っとして気持ちがいいです。
アームカバーやネックカバーを水に濡らして体を冷やします。

そこからさらに朝霧を目指して上り坂
しばらく行くと養鱒場が見えてきました。
せっかくなので見学していきます。
養鱒場の見学は初めて

ニジマスは斑点のある黒っぽい体をしていて、ちょっと見鯉のようです。
170806たぬきとじんば0023
いくつかの生簀の中には黄色いアルビノ種だけを集めたところもあります。
170806たぬきとじんば0020

養鱒場の奥は釣り堀になっていて、捕った魚を料理して食べさせてくれるところもありますが今日は休みでした。

養鱒場を出てしばらく行くと、後ろで相方の自転車のギアチェンジの音がガチャガチャしてそのうち
「チェーンが切れたっ!!」と。 え!
あらぁ昔私が京都行って切れた時と同じ状況ジャン
なんか上り坂がそこそこキツイと思ってた私はここでリタイアできることに内心ホッ(´。`;

田貫湖からかなり来てましたが、ほぼ下りなので問題ないでしょう。
相方はチェーンなしのまま下りはそのまま、平地になると止まるので左足で蹴りながら前に進みます。
最後の上りは歩いて、田貫湖に戻りました。

それでも時間に余裕があったので、そこから車で朝霧へ移動
道の駅でモッツァレラチーズのピザの試食をしていました。
ちょうどお腹が空いてたうえにメチャメチャ美味しかったので、早速1枚注文してウマウマ
和菓子屋、お芋やさんなど回って本気の昼食ということでファミレスでランチ

それでもまだ時間に余裕があったので、セブンさんに寄って相方はチェーンを、私もついでにブレーキシューの交換をしてもらいます。
相方の自転車はプーリーがダメになってたそうで、廉価版がサイズが合わずグレード高めの部品交換になったようです。
修理完了後は家まで送ってもらいました。

面白い1日でした